ふるさと納税 おすすめ 2017

ふるさと納税 おすすめ 2017 返礼品

2017年、返礼品に上限額が設けられる可能性が出てきました。

今回は、ふるさと納税の返礼品の上限額が設けられる可能性が出てきた、という話題についてご紹介させて頂きます。

ふるさと納税 おすすめ 2017 返礼品

このブログを書かせて頂いているのは2017年3月23日になるのですが、本日付の日経新聞によりますと、

ふるさと納税 返礼上限3割に

という記事が掲載されていました。

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 ランキングこの事について、今後ふるさと納税がどうなっていくのか見えてくる所がありましたので、詳細をご紹介させて頂きます。

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 制度

返礼品の上限額が設けられる制度について

上記でご紹介させて頂いた事の詳細についてなのですが、要約してご紹介させて頂きますと

・近年、ふるさと納税の普及によって返礼品が異常なまでに高騰している

・この事で実質的に負担額が増えてしまっている自治体が出ている

・この事に歯止めをかけるために、総務省が乗り出した

・ふるさと納税の返礼品の上限を、寄付額の3割までにする方針を自治体に要請する

・2017年4月1日付で要請されますが、この要請に強制力はない

という所が要約・ポイントになっていました。

ふるさと納税 おすすめ 2017 制度

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 ベスト

これからは、以前のようなお得度はなくなる??

上記でご紹介させて頂きました総務省の要請によって、去年のようなふるさと納税ブームが少し和らぐことが予想されます。

 

ふるさと納税自体は、たとえ還元率30%だったとしても十分にメリットのある話だったりするのですが、今までは還元率100%超えの返礼品などもあった事から、どうしても比較してしまうとお得度が下がったように感じてしまいますよね。

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 ベスト

 

総務省の要請に強制力はないので、還元率の高い返礼品が完全になくなる訳ではないのですが、2017年もふるさと納税をお考えの場合は、早めに返礼品を品定めしておいて、ふるさと納税をしておくことが結果的にお得になる可能性がありまして、ベストな選択になる可能性が高いと感じましたのでご紹介させて頂きました。

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 返礼品
ポータルサイトを使えば、お得な返礼品がひと目で分かる&比較できる!

 

≫≫ 利用意向№1の「さとふる」はこちら

 

さとふる 公式

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 メリット

上限額が制限されると、ふるさと納税のメリットはなくなる??

ふるさと納税の上限が寄付額の3割に設定されると聞くと、メリットが全くなくなると勘違いされるかもしれませんが、例え上限が3割であったとしても、十分にふるさと納税をするメリットはあります♪

ふるさと納税 おすすめ 2017 メリット

 

返礼品や還元率に目が向くと忘れてしまいがちな「税金の控除(節税)」などのメリットが消えることがありませんので、「ふるさと納税 おすすめ」の記事でもご紹介させて頂いている、ふるさと納税の仕組みについても、改めてご参考・ご確認頂けましたら幸いです。

 

ふるさと納税 おすすめ 2017 寄付今回はタイムリーな話題「ふるさと納税の上限額の制限について」といった所について書かせて頂きました♪

 

 

ブログランキング参加しています♪

これからも情報更新に努めてまいりますので、応援クリック頂ければ嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ 

♪ふるさと納税おすすめポータルサイト♪

コメントを残す